株式会社ハーティネス

コラム「マニュアルNOW」2012

 

韓国IT企業、人材・スキル磨く

2012年(平成24年)12月11日 日経産業新聞掲載

 11月にソウルで開かれた、技術的な情報を分かりやすく伝えるための会合「2012KTCAカンファレンス」に参加した。KTCAは韓国のメーカーの取扱説明書担当者やマニュアル制作会社で構成。会合のテーマは「フリーエージェント時代のテクニカルコミュニケーター」で、専門家として活躍するためにどのようなスキルを持つべきかを多面的に取り上げた。

 質疑応答で、日本の電子マニュアルの現状や必要なスキルなどの質問が寄せられた。IT(情報技術)企業が躍進する韓国では電子マニュアルへの関心が高い。

 翌日、KTCA主要メンバーでカンファレンスのプログラム企画も担当するハンセムEUGにキム・ヤンスク社長を訪ねた。同社は企画から提案できる韓国初のマニュアル専門会社で、本社はサムスン電子が研究開発拠点を置く水原(スウォン)市にあり従業員は約120人。韓国人のほか米国人、インド人も働き、顧客は日本や米国にも広がっている。

 現在、使用説明は紙だけでなく、製品に組み込まれたりアプリケーション(応用ソフト)の形をとったりして電子化されたものが増えている。「ユーザーインターフェース(UI=利用者の操作感)の知識やアプリケーション技術が必要となるため、システム開発志望の技術者をインドで2人採用した」とキム社長。韓国では日本同様にスマートフォンのアプリ開発などに若手の人材をとられてしまい採用が難しい。海外に目を向けたことで、優秀な人材を採用できたという。現在はUIのデザイン、開発に携わっている。

 「インターネットの普及で利用者側も変わってきた。それに対応する人材とスキルが必要。韓国と日本の企業を比べると、決定から実行までのスピードが違う。まずはつくってみて調整していく方法もある」とキム氏は指摘する。成長するIT業界の中で、先を見据えて取り組む姿が印象的だった。