ブックレビュー:「LIFE SHIFT(ライフ・シフト)」と「専業主婦が就職するまでにやっておくべき8つのこと」

ブックレビュー:「LIFE SHIFT(ライフ・シフト)」と「専業主婦が就職するまでにやっておくべき8つのこと」

文芸も実用書も専門書も、本好きなので多読です。楽しい読み方として、お勧めなのが、「文脈読み」。異なる2冊または3冊の本の共通の文脈を味わいながら、読むものです。

連休中の文脈読みは、リンダ グラットンさん著の『LIFE SHIFT(ライフ・シフト) 100年時代の人生戦略』。2016年の秋に発刊されて、38万部のベストセラーになった本です。今年の4月からリニューアルしたNHKラジオの「ラジオ ビジネス英語」で、リンダさんへのインタビューが取り上げられていました。新型コロナ感染拡大によって、なかなか進まなかった働き方が変わったことなどにも言及されていて、興味深かったです。

そして、2冊目はブログの投稿もした薄井シンシアさん著の『専業主婦が就職するまでにやっておくべき8つのこと』。4月にオンラインのイベントでお話を聞き、著作にも興味が出て、Amazonで購入しました。(twitterでブログの投稿をツイートしたら、シンシアさんご本人から著作についても読んでみてくださいとコメントをいただいたことも、きっかけに。)

この2冊に共通するのは、マルチステージで人生を考え、変化させる勇気と知恵を持とうということ。
シンシアさんの書籍は、専業主婦への啓もう書というより、ビジネス書として実践的なヒントが沢山あり、参考になりました。イベントの中で「マニュアルとしてではなく、参考書として読んでください」と仰っていましたが、マニュアルとして実践すると人生がシフトできるな、と感じました。

「ライフ・シフト」で、以下のような自分の無形資産を分析して増やすことを提唱しているのと共通している点もありました。

・生産性資産:主に仕事に役立つ知識やスキル
・活力資産:健康や、良好な家族・友人関係
・変身資産:変化に応じて自分を変えていく力

これまでのGW(ゴールデンウイーク)と大きく変わり、自宅で過ごした人が多かった数日。家族と過ごし、どのように暮らしていくのかを考える時間にした人が、新しい時代にシフトしていけるのではないかな。
渋滞の高速道路も、人込みの観光地も、時期や時間ををずらしながら楽しむ方法を模索していくことになるのかも。
感染が終息したら、元の世界に戻るのではなく、ニューノーマルに皆がシフトするのでもなく、それぞれの暮らしや働き方にシフトする人が多いことを願っています。

  • 投稿カテゴリー:お知らせ