リスクをおさえる

リスクをおさえる

8月の上旬に、新型コロナウイルス感染症のワクチン、2回目を接種しました。
自治体の接種会場となっている区役所に設定された接種会場で。

1回目も腕が痛いくらいで副反応は少なく、2回目も同様でした。
年齢が高いほうが副反応が出にくい傾向があるようですが、個体差と身体の状態が左右するのではないかな。
前日はゆっくりと過ごし、よく眠るようにするなどして接種へ。
出来ることはしておきたいし。

ワクチン接種と、制度については、様々な意見があるけれど、命にかかわることはできることを、すぐにすること。科学的な視点でリスクをできるだけ、減らすこと。
と、考えているので、接種が済んでも、感染を避けることは怠らず。
もちろん、それぞれの事情で接種できない人がいることも配慮しながら過ごしていきましょう。

まだ、ワクチン接種の順番を待っている方々も多いとのこと。
感染が広がらないことを祈っています。

これって、情報セキュリティにも似ていますね。
自分だけで大丈夫、と思わずに、できることを粛々としつつ、状態を注視すること。
自分の命を含めて、自分の大切なもの守るのは、自分ですから。